ガジェット

Jabra Elite 65t 交換イヤーパッドはComplyか純正がおすすめ。耳から外れやすい場合もあるので注意

Jabra Elite 65tの交換用イヤーパッドとしては、Comply(コンプライ)かJabra純正のものがオススメです。

次の写真は、ComplyとJabra純正のどちらもMサイズです。

Comply(コンプライ) 交換イヤーパッド
Comply(コンプライ) 交換イヤーパッド

今までJabra Elite 65tに標準でついているイヤーパッドを使っていて、それで問題なかった場合には、交換時にもJabra純正の交換イヤージェルパックをおすすめします。

交換イヤーパッドはどれだけ口コミを調べても、実際に交換して使ってみないと使い心地は分かりません。純正で問題なかった場合は、交換も純正にしておくのが無難です。

Jabra純正のイヤーパッドが合わなかった場合は、Comply(コンプライ)の完全ワイヤレスイヤホン向けのイヤーパッドがおすすめです。低反発の素材を使っているので、耳に入れてしばらくするとフィットします。耳栓とかにあるタイプです。

また、純正やComplyのイヤーパッドが高すぎると思う場合は、Jabra Elite 65tに対応した安価なタイプのものもあります。

Comply(コンプライ)

Complyの完全ワイヤレス対応のイヤーピースは「TrulyWireless(トゥルーワイヤレス)」となっているものがJabra Elite 65tに対応しています。

低反発素材を使っていて、耳にギュッと押し込んでしばらく経つとフィットしてきます。耳栓などでよくあるタイプです。

遮音性は高く、汚れにくいように耳垢ガードが付いています。またJabra純正のイヤホンケース(充電器)にもそのまま収納できます。

実際に使っての使用感と注意点ですが、Jabra純正のイヤーパッドに比べて、同サイズのものを使うとフィット感が無く外れやすいです。

Jabra純正のイヤーパッドでSサイズ、Mサイズを使っている場合は、ComplyではそれぞれMサイズ、Lサイズを使った方が良いです。

当ブログではJabra純正のMサイズからComplyのMサイズに交換したところ、少し頭を振るだけで耳から外れてしまいました。歩いているだけで外れますし、なんならデスクで仕事をしているだけでも外れます。

低反発性の素材を使っていますが、サイズの小さいものだと機能していないです。Lサイズだと元々が大きいので耳に押し込めばフィットします。

Jabra純正でLサイズを使っていた人は、Complyは避けて純正を買いなおした方が無難かと思います。

当ブログではComplyのMサイズが合わず、Lサイズに変えました。しかしそれもフィット感がいまいちで、結局はJabra純正のMサイズに戻しました。

Jabra純正

Jabra純正のイヤーパッドを使っていて問題がなかった場合は、効果時にも同じものを購入することをおすすめします。

Complyの交換イヤーピースは耳にフィットする場合は良いですが、前述したとおり耳に合わなければ外れやすいです。使用中に外れてしまうようでは使い物になりませんから。

Jabra純正のイヤーパッドは弾力性があるため耳から外れにくく、サイズも3種(S、M、L)とあるのでどれかは耳にフィットすると思います。

純正のイヤーパッドはJabraの公式HPから購入できます。

SHEAWA

ComplyやJabra純正の交換イヤーパッドが高い、という場合は、対応している廉価製品もあります。

完全ワイヤレス対応のイヤーパッドは値段が高いものが多いので、とりあえず使えればいいやという人はこちらを選択してもよいと思います。

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策



スタディサプリEnglish ビジネス英語



スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース