ガジェット・ITサービス

V6プラス対応の無線LANルーターはレンタルと購入どちらがお得か。買った方がオトク。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
V6対応ルータは買おう!

次世代通信のV6プラスを利用するには、無線LANルータもV6プラス対応のものに替える必要があります。

無線LANルータはプロバイダによる月額レンタルもありますが、量販店で買うのとでは、どっちがお得なのでしょうか。

結論は「買った方がお得」です。

V6プラスとは何か

次世代通信規格「V6プラス」とは「IPoE(IPv6)」の接続方式を利用したインターネット接続方式です。

従来の「PPPoE(IPv4)」の接続方式より格段に通信速度が速くなります。

引用:nifty 光

インターネットが遅い理由のひとつは「PPPoE」の混雑であると言われています。

次世代通信規格のV6プラスに替えて混雑を回避することにより、インターネット品質はかなり改善されます。

ほとんどのプロバイダでV6プラスは提供されているので、光回線なのにまだPPPoE接続を利用している場合は変更を検討してみると良いと思います。

レンタルと購入の比較

V6プラス対応の無線LANルータをレンタルした場合と購入した場合で、それぞれのコストパフォーマンスを比較します。

ここではDMM光の場合で比べています。


レンタル

DMM光でV6プラス対応の無線LANルータをレンタルする場合、1か月あたり300円となっています。

無線LANルータ利用料
月額 300円
年額 3,600円

購入

購入する場合、メーカや性能にもよりますが、4,000円前後で購入できます。

1年少し使えば、レンタル分の元が取れる計算です。

さらにプロバイダで新規契約する場合、2年縛りを設けているところが多いので、結局は2年以上使うことが多いでしょう。

何万円もするものであれば別ですが、3~4,000円ほどのものなので、最初に買ってしまった方がお得だと思います。

ルータ変更時の「401-unauthorized」エラーの対処方法

あわせて読みたい
401-Unauthorized エラーの対処方法。ルータ交換時のWi-Fi接続で発生。 ルータ交換の初期設定時などに発生する「401-Unauthorized」の接続エラーの対処方法を紹介します。 考えられ...
【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)