熱帯魚

【水槽レイアウト】バックスクリーンはスターターキットで簡単にきれいに貼れる!

バックスクリーン_フィルム貼りキット

水槽のバックスクリーンの貼り方を説明します。まず、バックスクリーンは主に2種類あります。

  1. フィルムタイプ・・・ガラス面に水を塗布して貼り付ける。
  2. プラスチックや厚紙タイプ・・・セロテープで貼り付ける。

おすすめは断然、フィルムタイプです。ガラス面との間に隙間ができないので、圧倒的にきれいに仕上げることができます。当記事ではこちらを説明します。

バックスクリーンを貼った水槽バックスクリーンを貼った水槽

セロテープで貼るタイプは簡単ですが、バックスクリーンとガラス面との間に水滴や汚れ入ると汚くなります。また、水槽にぴったり合わせてカットするのが難しかったり、セロテープが目立ったり、貼った跡が残るのもデメリットです。

フィルムタイプのものはガラス面にぴったりと貼りつき、ガラス面からはみ出すこともないので、きれいに仕上げることができます。

ただし、フィルムタイプのものは水槽をひっくり返して貼るため、すでに立ち上げ済の水槽には貼れません。不可能ではないですが、きれいに貼るのは難しくなります。

フィルムタイプのバックスクリーンを貼るときは、必要な道具が全て揃っているスターターキットを使うと便利です。

バックスクリーンスターターキットバックスクリーンスターターキット
ボトル、ゴムへら、ハケ、カッターナイフボトル、ゴムへら、ハケ、カッターナイフ

①ガラス面の汚れをハケで洗い流す

バックスクリーンを貼りたい面を上にして水槽を置きます。水が流れ落ちるので、下にバスタオルなどを敷いておきましょう。

霧吹きに水を入れ、食器用洗剤を1~2滴落として軽く振り混ぜます。水槽のガラス面に霧吹きしたら、ゴムへらをガラス面に沿って動かして汚れを洗い落とします。

しっかりと霧吹きして濡らし、力を入れずにゴムへらを動かします。何回か繰り返してガラス面をきれいにします。

②ガラス面を霧吹きで濡らす

汚れが落ちたら、再びガラス面に霧吹きしてガラス面を濡らし、バックスクリーンを貼っていきます。バックスクリーンの方にも霧吹きしてもいいですが、水槽側だけで十分ですし、バックスクリーン側に霧吹きすると貼りにくくなります。

③フィルムを貼る

バックスクリーンのフィルムを剥がしてガラス面に貼っていきます。あとで余分な個所は切り落とすので、上下左右ともはみ出るように大きめに貼ります。

なるべく入る気泡が少なくなるようにぴっちり貼っていきます。

④ヘラで気泡を抜く

貼り終わったら、バックスクリーンの上から霧吹きして濡らします。十分に濡らした後で、ゴムへらで押しながら気泡を抜きます。

1回できれいに気泡抜きはできないので、霧吹きとゴムへらを繰り返しながら気泡を抜いていきます。

⑤カッターナイフで余分を切り落とす

最後に、ガラス面からはみ出た部分をカッターナイフで切り落とします。カッターナイフを水槽のふちに沿わせるようにして切り落とします。

カッターナイフの切れ味が悪いとガタガタの切れ口になるので、歯を交換してからやりましょう。

スターターキットを使ったバックスクリーンの貼り方の動画もあります。カッターナイフを使って水槽の汚れをこそぎ落としたりしていますが、そこまでしなくても大丈夫です。