熱帯魚

【水槽レイアウト】流木のアク抜き方法。アク抜きパウダーが簡単で早い。

流木のアク抜き_アク抜きパウダー

水槽に流木を入れる時は、事前にアク抜きをする必要があります。

熱帯魚ショップにはアク抜き済みの流木も売ってはいますが、ネットショップで買う流木や、店頭でも多くの流木はアク抜き前の状態で売っています。

アク抜きをせずに水槽に入れると、流木が沈まずに浮いてしまったり、水が茶色く濁ります。必ず、しっかりとアク抜きした流木を入れてください。

流木アク抜きパウダー流木アク抜きパウダー

流木のアク抜きにはいくつか方法があります。

  1. 水に浸けておく・・・2~4週間
  2. アク抜きパウダーを使う・・・3~4日
  3. 熱湯で煮沸する・・・数分~数十分

水に浸けておく

水に付けておくのは最も簡単ですが、時間がかかります。

バケツなどに水道水を入れ、完全に流木が浸かった状態で2~4週間ほど浸け置いてから、水道水でしっかり洗います。

その後、水道水にしばらく入れてみて、水が濁るようでしたら、さらに数日~数週間ほど水に浸けます。

アク抜きパウダーを使う

流木専用のアク抜きパウダーを使う方法が最も簡単です。(安いですし)

バケツなどに水道水を入れ、アク抜きパウダーを溶かします。

アク抜きパウダーは20g×3袋入りで、15リットルの水道水に対しパウダーを1袋溶かします。バケツの容量に応じて、量は調整してください。

あとは2~3日ほど流木を浸けおいたら、流木を取り出して水道水のみにしてさらに1日ほど浸け置きます。水道水でしっかり洗ったあと再び水道水に入れてみて、まだ濁りが出るようならさらにアク抜きパウダーを使って1日ほど浸け置きます。

なるべく大きなバケツに大量に水を入れてアク抜きした方が、早く的確にアク抜きができます。水道水だけよりもアク抜き期間をかなり短縮できます。

アク抜きアク抜き

熱湯で煮沸する

大きな鍋などで流木を煮込むという方法もあり、この方法なら短時間でアク抜きができます。

しかし、流木が入るほどの大きな鍋が必要となるので、家庭用のコンロでやるのはなかなか難しいと思います。