熱帯魚

ゴールデンハニードワーフグラミーが餌を食べない。エサを吐き出す時は顆粒を。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
エサは小さな顆粒や、たまに赤虫がいいよ

ゴールデンハニードワーフグラミー(GHDグラミー)は体長が4~5センチと小さく、水槽をゆっくりと立体的に泳ぐ姿が愛らしい人気の熱帯魚です。

ゴールデンハニードワーフグラミーとネオンテトラ

価格も400円前後と安く、専門店でなくともホームセンターのペットコーナーなどでもよく見かけます。

ちなみにオスとメスでは、メス(写真がそうです)の方が小柄で発色も綺麗です。

そんなゴールデンハニードワーフグラミーですが、餌を食べなかったり、口に入れてもすぐに吐き出してしまう場合があります。

特に飼い始めたころ(水槽に入れたころ)によく見られる現象です。

まず、餌の大きさと種類を確認してください。

ゴールデンハニードワーフグラミーはあまり好き嫌いせずに餌を食べますが、口がとても小さいので、かなり小さくないと食べてくれません。

口に入る大きさでも、食べにくいものはすぐに吐き出してしまいます。

おすすめは小さな顆粒(ゆっくり沈むタイプ)と冷凍赤虫です。

冷凍赤虫はキョーリンのものがおすすめです。

他の熱帯魚も大好物で、よく食べてくれます。

ただし、栄養バランスは専用フードの方が高く、また水を汚しがちなので、週に1回程度にしましょう。

顆粒ならメダカの舞がおすすめです。

メダカの稚魚にも与えられる小さな顆粒なので、ゴールデンハニードワーフグラミーも楽に食べられます。

買ったばかりの小さなグラミーであれば、メダカの舞(ベビー)が良いです。メダカの稚魚用のさらに小さなタイプです。

一応、小さめのフレークや細かくしたウェハースなども食べてくれます。しかしその場合は指ですりつぶしたり細かく刻んで与えましょう。

他の熱帯魚と混泳させている場合、テトラミンなどのフレークタイプの餌を指ですりつぶして与えるのも良いと思います。

ネオンテトラなど動きの速い熱帯魚と混泳している場合、動きが遅いゴールデンハニードワーフグラミーは餌の取り合いに負けてしまうので気をつけてください。

グッピーレベルでも、取り合うと簡単に負けてしまいます。

ゴールデンハニードワーフグラミーが食べ損なわないように、水槽全体に広く与えてください。ただし、数分で食べきれる量として与えすぎないように。

顆粒であれば、ゴールデンハニードワーフグラミーの目の前に落としてあげるとよいと思います。

餌を与える時は少しチェックして、ゴールデンハニードワーフグラミーがちゃんと食べられているかを確認してあげてください。

慣れると、近づいたときにエサがもらえると思って近づいてくるようになります。

見ていて飽きない愛嬌のある熱帯魚です。

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策



スタディサプリEnglish ビジネス英語



スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース