漫画・アニメ・書籍

【漫画・書籍紹介】薬屋のひとりごと

小雀ちゃん
小雀ちゃん
衝動買いした漫画の中でも久しぶりの大当たり。続刊が楽しみ。

キュレーションサイトを見ていたら面白そうな漫画が紹介されていたので衝動買い。

これ、最近衝動買いした漫画の中でも久しぶりの大当たりで、私のめっちゃ好きな部類でした。

株に負けた気晴らしに衝動買いしたんですが、怪我の光明とでも言いますか、そのおかげでいい作品に出合えたので良しとしましょう。


中国(風)の後宮を舞台にした話で、下女として働くひとりの薬師の少女が、薬の専門知識と観察眼で後宮で起きる事件を解決していくというストーリー。

ジャンル的にはファンタジー+ミステリーということになるんでしょうか。

もともとは「小説家になろう」というWeb小説サイトで連載されていたものが書籍化され、そのコミカライズ版ということになります。

小説家になろう

Web原作はこちら

まずとにかく絵が可愛いです。

主人公の猫猫(マオマオ)含め、女性キャラクターがめっちゃ可愛い。

キャラクター造形も「嫌な奴」がいなくて、全編通して素直に楽しめます。

時代背景や後宮という舞台ゆえの暗い(黒い、かな)部分もあるんですが、あまり掘り下げた描写をせずにうまく流してくれています。

猫猫の薬屋としての狂人の部分(マッドサイエンティストです)と腹黒いところもストーリーと絡んで面白い。

事件を解決するなかで妃や宦官たちに好意を持たれていくところも王道ですが痛快ですね。

3巻あたりからはラブコメ要素も始まってきました。

ありがちな世界観と設定、ストーリーではあるんですが、猫猫を始めとする登場キャラクターたちの愛らしさと何より絵の可愛さで読み応えたっぷりの作品になっています。

これ、間違いなくアニメ化しますな。

まだ3巻しか出ていないですが、1冊のボリュームが結構あることもあり、1クールくらいは十分作れるでしょう。

4巻発売が12月ごろですが、合わせてアニメ化の発表がある気がしてなりません。

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)