便利グッズ

BUFFALOのケーブルボックスに電源コードを収納。燃えたり溶けたりしない。

BUFFALOのケーブルボックス

お掃除ロボットのために床を這うケーブルを一掃しようと思い、BUFFALOのケーブルボックスを買いました。

ケーブルボックスに電源タップやコードを収納し、ボックスをラックなどに載せて上にあげることで床を片付けます。

【セット買い】BUFFALO ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Lサイズ ホワイト BSTB01LWH & ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Sサイズ ホワイト BSTB01SWH
バッファロー

ケーブルボックスはダイソーやセリアなどの100円均一でも売っていますが、サイズが小さい上に取り回しも不便なので、BUFFALOやエレコムなどのものを買うのがおすすめです。

それに安いものは耐熱性がないため、ボックスが溶けたり発火したりする可能性があります。電源タップやコードなどの熱を発するものを入れるので、安全のためにちゃんとしたものを使いましょう。

BUFFALOのケーブルボックスはSサイズとLサイズがありますが、画像はSサイズです。Sサイズでも十分な容量があります。

BUFFALOのケーブルボックスBUFFALOのケーブルボックス
サイズ 高さ
Sサイズ 257㎜ 157㎜ 138㎜
Lサイズ 407㎜ 157㎜ 138㎜

ケーブルボックスはデスクの下やなどに散らかりがちなケーブルを収納するためのものですが、どちらかというと電源タップを収納できるメリットの方が大きいです。

コンセント周りが電源タップやコードだらけになっている人は多いと思いますが、これらを収納することで部屋がとてもすっきりします。

BUFFALOのケーブルボックスBUFFALOのケーブルボックス

BUFFALOのケーブルボックスはカッチリと蓋が閉まるのでホコリも入りにくいですし、ボックスの上に物を置くこともできます。コードを通すための穴も四方にあるので、どの方向からでもコードを出すことができます。

また、BUFFALOのケーブルボックスは難焼性の樹脂が使われたり、内部の温度上昇を防止する構造設計になっているため安心して電源タップを収納できます。

デザインも洒落ているので、むき出しの電源タップやコードを納めるだけで部屋がすっきりとします。ホコリが溜まらないので掃除もし易いですし、ケーブルだらけになっている人は使ってみてください。

おすすめ書籍

おすすめ書籍は読んだ本の約1/30くらいです。

2021年に読んだ本

2020年に読んだ本