雑記

覆面アーティストのバンクシーの作品が東京都庁で公開へ。果たして本物か?ゴールデンウィーク中の限定公開。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
バンクシーの絵が都庁で公開?

覆面アーティストのバンクシーのものと思われる作品が、GW中に都庁で限定公開されると発表されました。

バンクシーは世界的に有名な覆面画家ですが、彼(彼女?)の作品らしきものが、日本の各地でも発見されています。

その中のひとつ、港区の防潮扉に描かれていたネズミの絵が、ゴールデンウィークの2019年5月から、都庁で公開されることが決定しました。

昨年に都が防潮扉ごと撤去をしていましたが、大きな反響があったことから公開を決めたそうです。

果たして本物のバンクシー作品なのでしょうか?

この記事では、覆面アーティストのバンクシーとは何者なのか、そして都庁で公開される作品についてまとめます。

覆面画家のバンクシーとは

バンクシーはロンドンを拠点に活動しているという、性別も年齢も生まれた国も何もかもが不明な覆面アーティストです。

それゆえに活動時期も不明ですが、2000年ごろからの芸術活動が確認されています。

最近ではオークションで落札された作品が、落札者の目の前でシュレッダーにかけられてバラバラなりました。この件はニュースにもなり、大きな話題になりました。

実はこれ、シュレッダーで裁断されるところまで含めてバンクシーの作品であったと評価されています。

都庁でバンクシー作品が公開

都庁で公開される予定のバンクシーのものとされる絵がこちらです。

引用:日本経済新聞電子版

公開期間は以下のとおり。

公開期間 場所 お値段
2019年04月25日~05月08日 東京都庁第1庁舎の2階 無料!

2週間の限定公開なので、新宿に立ち寄った際には忘れずに見に行きましょう!

この絵が描かれていたのは、東京都港区にある防潮扉です。

実はこの絵、10年以上前から存在しており、都庁の職員は把握していたとのこと。

昨年になって東京近代美術館の館長から「バンクシーの作品ではないか」との情報提供があり、都が防潮扉ごと撤去していました。

撤去前には、小池東京都知事も実際に見に行っていたようです。


本物かどうかを問い合わせているとのことですが、返答はないとのこと。

本物だと判明したら、限定公開ではなく永続的な公開もあるかもしれませんね。

 

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)