資格・学習

オンライン学習ならUdemyがお勧めな理由。登録方法と支払い方法を説明。英語もプログラミングも人工知能も全てココ!

小雀ちゃん
小雀ちゃん
オンライン学習ならUdemyの一択

オンライン学習のUdemyを使っている人、日本ではどれほどいるでしょうか。

日本でのサービス開始から5年ほど経ち、講座も充実して利用者もかなり増えています。しかし、私の周りを見ても利用している人はそれほど居ません。

この記事ではUdemyの登録方法や支払い方法など、始め方を説明します。

なお、日本ではベネッセグループがUdemyと提携してサービスを提供しています。安全に簡単に、質の高いオンライン講座が受講できますよ。

Udemyとは

Udemyとは『専門的な技能・知識を持った個人がオンラインコースを提供できるWeb上のプラットフォーム』であり、米国のUdemy社が2007年に始めました。日本では2015年からベネッセグループが提携してサービスを展開しています。

Udemy

100,000以上のオンライン講座が提供され、全世界で3,000万人以上がUdemyでオンライン学習をしています。

提供されている分野は「語学」「プログラミング」「ビジネススキル」「写真」「音楽」など多種多様です。

ちなみに私は「英語」「プログラミング」「ディープラーニング」をUdemyで学習しています。

講座はオンラインビデオコースとして提供されるので、主に動画で学びます。動画なので、テキストで学ぶよりも取っ付きやすいですし、理解も容易です。

プログラミングなどは実際に動画に習いながら手を動かすことができるので、テキストから学ぶよりも遥かに容易で効果的に学習を勧められます。

面倒な環境構築などから丁寧に解説してくれる講座がほとんどです。

また、オンライン講座はUdemy専用のアプリで学習することもできますし、ブラウザから学習することもできます。スマホからもパソコンからもOKです。

スマートフォンに講座ビデオをダウンロードすることもできるので、通勤電車などネット環境が無いところでも学習できます。隙間時間の有効活用にもなりますね。

Google Chromecastなどを使えば、テレビに映して学習することもできます。(私はこれが1番オススメです。)

Udemyの始め方

Udemyの登録方法と支払い方法を説明します。

Udemyの登録方法

Udemyの登録方法は3つあります。

  1. メールアドレスで登録する
  2. Facebookのアカウントで登録する
  3. Googleのアカウントで登録する

個人的にはFacebookかGoogleのアカウントを持っているのであれば、これらで登録することをお勧めします。Udemy専用でアカウントを作ると、パスワードの管理などが煩雑になりますから。

他のサービスのアカウントを流用するのが嫌であれば、メールアドレスで登録すれば良いと思います。

UdemyのHPから右上の「新規登録」ボタンを押して登録画面へ進みましょう。

Udemyの支払方法

Udemyの支払い方法はクレジットカードとPaypalの2種類です。

対応しているカードは次の通り。残念ながらJCBカードは対応していません。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • Discove

JCBカードをメインに使っている人は、PayPalの支払い方法にJCBカードを指定して、Paypal経由で支払いましょう。

Paypalは全世界で利用されているオンライン決済の金字塔ですので、未だアカウントを持っていない人はこの機会に作っておくと良いと思います。

Udemyで知っておきたいこと

Udemyを始めるに際し、次の2つは知っておきたいポイントです。

ひとつめは「返金に対応している」こと。ふたつめは「頻繁に割引セールをやっている」ことです。

特に割引セールは半額セールや70%オフセールなんかも珍しくありません。

返金に対応している

購入したすべてのコースは、購入後30日以内であれば返金することが可能です。

ただし、これはあくまでも誤って購入してしまった場合や、講義に満足できなかった場合の救済措置です。講義をダウンロードした後でのキャンセルなど、ポリシーに反する返金は要求しないようにしましょう。

サンプルでは良い講義のように見えたのに、実際は期待に大きく反するものだった場合など、キャンセルポリシーに沿うものは返金要求をすることができます。

せっかく高いお金を払ったのにコースの内容が想定と違った場合はキャンセルできるので、安心してコースを購入して学習を開始することができます。

頻繁に割引セールをやっている

Udemyでは頻繁に割引セールをやっています。それも割引額が大きい。

50%~70%の割引もざらにあります。ほとんどの場合は期間限定(24時間以内とか3日以内とか)なので、見逃さないようにしましょう。

全てのコースが割引セールの対象となるわけではないので、講座を検索している時に気になった講座があれば、お気に入りなどにしてチェックしておきましょう。

その時は高くて買えないと思っても、セールで一気に安くなる時があるので、そこを狙って購入することができます。

Udemyのコースは期限が無いので、割引時にいくつか購入しておいて、時間があるときに受講していくこともできます。

極端な話ですが、購入してから1年後に受講したって良いわけです。

Udemyのおすすめ講座

私が実際に受講したオススメのコースから、英語を2コース、ディープラーニングを2コース紹介します。

英語のおすすめ講座

Speak English With Confidence
コース名 価格 言語 対象者 ★の数
Speak English With Confidence: English Speaking Course $199.99 英語 中級 4.2

ネイティブスピーカによる全編英語のコースですので、中級者向けのコースです。日本人だけを対象にしているコースではなく、全世界の英語学習者を対象としています。

全編英語ですが、ゆっくり喋ってくれるので初・中級程度のリスニング力があれば聞き取れますし、理解できます。

英語を英語で学ぶというのは、もはや世界の常識です。

通勤、通学時に聞き流しているだけでも、英語に耳が慣れてくると思いますよ。

ブリティッシュイングリッシュ(英国英語)なので、日本の学校教育で学ぶアメリカンイングリッシュ(米国英語)とは発音やイントネーションが少し違います。

アメリカンイングリッシュで学びたいという方には向かないかもしれません。

ディープラーニングのおすすめ講座

みんなのディープラーニング
PyTorchによるディープラーニング
コース名 価格 言語 対象者 ★の数
みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎 $124.99 日本語 初級 4
【4日間でチャレンジ】Python 3・ PyTorch によるディープラーニング・AIアプリ開発入門 $89.99 日本語 初・中級 4.3

ひとつめは初級者向け。

ディープラーニングとはなんぞや?という説明から、イラストや図を使いながら丁寧に解説してくれます。

またプログラミング言語「Python」についても、基礎の基礎から丁寧に説明と練習を行うので、プログラミング未経験者でもすんなりと学習できます。

初めてディープラーニングとPythonを、それも同時に学びたいという方にはお勧めです。

ふたつめは初・中級者向け。

ひとつめを受講した後で始めるのがいいかと思います。(私はそうしました)

PyTorchの使い方を含め、ディープに学習できます。Pythonの基礎をある程度理解してから始めるのが良いと思います。

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)