漫画・アニメ・書籍

【漫画】薬屋のひとりごと。最新4巻が発売されました。壬氏やマオマオの父親の正体も判明する伏線回収の多い展開。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
楽しみにしていた4巻が発売されました。5巻は19年7月!

楽しみにしていた「薬屋のひとりごと」の第4巻が発売されました。

Kindle版とコミック版の同時発売でしたので、日付が変わると同時にKindleへ配信されました。やったー!

この巻ではこれまで含みを持たせて描かれていた壬氏の正体(あくまでもマオマオの推察ですが)や、マオマオの父親の経歴なども明かされました。

結構これまでの話から想像ができた話ではありましたが、そこに至るまでの物語の進め方が上手いですね、この漫画は。

要所要所で織り込ませていた伏線を奇麗に回収してくれています。

ねこクラゲ先生の絵も相変わらず美麗です。私の一押しはシャオランですが、今回の巻でも、いやはや可愛かった。

薬屋のひとりごと4巻より

別のシーンですが、マオマオの持っている干し柿(たぶん)をこっそり盗ろうとしているところとか、最高かよ。

この巻では、マオマオと壬氏の関係も少し進みます。

まだラブコメ突入はしていませんが(ていうか、この漫画ではあまりしてほしくないけど)、少しずつ関係が動き始めている感じがします。

薬屋のひとりごと4巻より

原作の小説では色々と話が進んでいるのでしょうか。

というか、どうもマオマオと父親(おやじ)も実の親子ではないようですし(養父という言い方をしている)、まだまだ謎が多く隠されていそうです。

実はマオマオも宮廷の関係者だったりしませんかねぇ?

原作は未読なのですが、この4巻で原作1巻分を消化したとのこと。原作の小説は現時点で8巻まで発売されているので、続きを早く知りたい人は読んでみてもいいですね。

私はねこクラゲ先生の絵と見せ方が好きなので、漫画でじっくり楽しんでいこうと思います。年2冊ペースなので、先は長く楽しめます。

次巻は19年の7月です。のんびり待ちましょう。

(2019/06/11追記)

実は、小説が原作の「薬屋のひとりごと」にはコミカライズ版が2つあります。

当記事で紹介したねこクラゲ先生原作のビッグガンガン版と、倉田三ノ路先生原作のサンデーGX版です。

サンデーGX版の方がストーリーが先行しているので、早く続きを読みたい方はこちらもどうぞ。

どちらも最新5巻がAmazonで予約を開始しています。

あわせて読みたい
【漫画】薬屋のひとりごと。コミカライズ版は2種類ある。どちらも最新5巻の予約が開始。 というワケで、当ブログで推し推しの漫画「薬屋のひとりごと」の最新5巻の予約が開始されましたので、改めてのご紹介です。 当ブログ...
【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)