漫画・アニメ・書籍

【漫画】まだ発行巻数が少ないお勧め漫画3選。図書館の大魔術師、薬屋のひとりごと、虚構推理。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
アニメ化必至!と考えているお勧め漫画を3作品紹介するよ。まだ発行巻数が少ないので、今からでも余裕で追えるよ!

最近は発行巻数が少ない漫画もすぐにアニメ化するようになってきましたねー。

ということで、すぐにでもアニメ化があるんじゃないかと踏んでいる(期待している)お勧めの漫画を3作品だけ紹介します。

本当はもっとたくさんあるんですけどね。

アニメ化向きで明日にもアニメ化されておかしくない作品と、アニメ化向きなはずなのになぜかアニメ化されない作品をちょっとだけ紹介します。

まずは試し読みしないと良さは分からないので、紹介は少しだけにして試し読みのリンクを貼ってあるのでぜひ少しだけ読んでみてください。

図書館の大魔術師

現在の発行巻数は2巻。

2巻の発売日は18年11月なので、さすがにアニメ化はまだ先だとは思うんですが、2巻までのボリュームでも1クールくらいは余裕でやれそうなので期待しているところです。

good!アフタヌーンで2017年に連載が開始された、比較的に若い作品です。

私が今、最も続きを読みたいと思っている漫画のひとつですね。

ジャンルはファンタジーです。本の都にある大図書館の司書を目指す少年(シオ)の物語。

書物、図書館、司書の歴史的な背景を、魔術が存在するファンタジーと融合させて濃密な世界観を作り出しています。

ビブリオ作品は世にたくさんありますが、この作品の特徴は、とにかく読み応えがあること。

含蓄のある文章かつ知的で、さらにボリュームがあります。ぐいぐいと読ませてきます。

緻密な書き込みの絵も大きな魅力のひとつ。コマの隅のキャラクターの表情まで注目ですよ。

ストーリー的には王道と言えるのですが、今のところ完全な悪人は登場せず(この先は出るのかな?)読後感も心地いい。

一冊読み終えると、ファンタジー映画を見終わったような爽快感が残ります。

1巻は主人公の少年が司書試験に旅立つまでのプロローグ、2巻は旅の道のりと司書試験の一次試験までが描かれています。

試し読みしてみると、きっとハマってしまう人が多いはず・・・!

薬屋のひとりごと

以前にこのブログでも紹介したことがありますね。

現在の発行巻数は3巻。4巻が2019年の2月下旬の発売予定です。

中国風(というか中国だな)な世界を舞台にしたファンタジーです。

もともとはWeb小説として書かれ、そこから小説化、コミック化ときたトレンドの作品。(多いですよね、ここ数年)

歓楽街で拉致された薬屋の少女(猫猫でマオマオと読む)が、売られた先の後宮で持ち前の薬の知識と観察眼を発揮し事件やもめ事の解決をしていくというストーリー。

物語はこの猫猫と女性と見紛うばかりの美男子の宦官(後宮の中の役人のようなもの)の壬氏(ジンシ)を中心に展開していきます。

最初は猫猫に対して薬屋の知識とその個性の強さから興味を抱いていただけの壬氏が、巻を追うごとにその気持ちが興味から好意に変わっていきます。

ラブストーリーに発展するのかな・・・いや、作風的にそれはなさそう。

とにかく、各登場人物のキャラクター性がしっかりと確立されています。

役職はまだ判明していないもののかなりの高官っぽい壬氏、薬屋としての知識欲が強すぎて毒を喰らうことに快感を覚えている猫猫、彼らを取り巻く妃や侍女たち・・・。

と、これも試し読みをしてもらえば作風が分かると思います。

アニメ化まったなしの作品です。

虚構推理

こちらはアニメ化を期待されつつ、なぜかなかなかアニメ化されない作品です。

現在の発行関数は9巻。十分な巻数が発売されているのに、知名度が今一つなのかなぜかアニメ化されません。

こちらも原作は小説で、コミカライズ版です。

いわゆる「オカルトミステリ小説」とでもいうのでしょうか。オカルト要素と推理小説を混ぜ合わせたような作品です。

人魚の肉を食べて不死の体となった青年(九郎)と、幼いころに片目と片足を失い妖(あやかし)たちの相談役となった少女(琴子)が妖たちを取り巻く事件や謎を解明していくミステリ小説。

なんというのでしょうね、この作品の主軸は単純な謎解きミステリという訳ではなく、正解であるにせよ不正解であるにせよ、琴子が鋭く論理展開して物語を動かしていくところにあります。

ストーリーの中心は若くして死に、亡霊として蘇り人を襲うようになったアイドルの死霊を如何にその存在を否定して納めるか、という点で展開されます。

この作品こそ「読んでみなければ分からない」というに相応しい漫画かな、と思いますね。言葉で紹介しづらい。

ということで、まずは試し読みをどうぞ。

【お勧め】スタディアプリ

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
スタディサプリEnglish(ビジネス英語コース)
スタディサプリENGLISH(TOEIC(R)対策)